面接で注意すること | まずはお水の求人で、華々しくデビューしてみませんか?

まずはお水の求人で、華々しくデビューしてみませんか?

「まずはお水の求人で、華々しくデビューしてみませんか?」のイメージです。

面接で注意すること

「面接で注意すること」のイメージです。

あなたもキャバクラで働こうと思ったら、もちろん面接を受けることになります。
ただキャバクラにかぎらずお水系や性風俗系の面接となると、どうしても適当にあしらう人がたくさんいます。
はっきりいってそんなことでは、まともに採用されることはありません。

たとえキャバクラであっても、面接はしっかり受けないと間違いなく落とされてしまうでしょう。
特に未経験者は間違ったことをしてしまう率が高いので、ここで勉強しておいてください。

まず面接時には基本的にそのキャバクラの店長と話すことになります。
ここで重要になってくるのが「何をあなたが伝えるのか?」ということ。

たとえば「夜更かしがつらいから早めにあがりたい」という人が実際に存在します。
そのきもちはたしかにわかりますが、店長からすれば「だったら昼間働けばいいのに」と思ってしまいます。
キャバクラの場合は基本的に夜遅くなるほど忙しさはアップするので、早く帰りたいアピールは当然逆効果につながってしまうでしょう。

次に「面接のドタキャン」をするような子は採用されません。
ちゃんと事前に何日の何時から面接をするのか決めていたにも関わらず、当日になって「すいません、予定を変更したいです」というのはさすがにルール違反だといえます。
面接官もけして暇ではありませんので、あなたひとりのために予定を変更するような人はまずいません。

キャバクラの面接でうまく採用されるためにも、まずは面接官の立場になったつもりで一度対策してみてください。
自分が面接官だったとして、どんな人が来ると採用するのか?
そこを重点的に考えていけば、おのずと答えがはっきりわかるはずです。